目黒区・大田区の知的障がい者の生活支援団体

はちくりうすって?

  • HOME »
  • はちくりうすって?

私たちは、目黒区・大田区の知的障がいをもった方を対象に

1、外出の支援(ガイドヘルプ事業)

2、生活の支援(ホームヘルプ事業)

3、自立に向けた宿泊訓練(ショートステイ事業)

4、自立生活の支援

を行っています。

 

「君の町、わたしのまち、一緒に生きる街」をキーワードに、障がいをもつ人も、持たない人も、ともに暮らしていける地域を目指して活動している、東京都目黒区にある事業所です。2004年の9月に法人設立、2005年3月から事業を開始しました。

施設でも、グループホームでもない、住みなれた地域での「新しい暮らし方」を目指して、設立当初から知的障がい当事者の自立生活の支援を続けています。

 

なんで「はちくりうす」という名前なの?

皆さんは「さるかに合戦」という昔話をご存知ですか?

はちくりうすは、障がい者と健常者が出会うたまり場「柿のたね」の活動の中から生まれました。柿のたねをさると交換し、大きな柿の木を育てたかに。せっかく育てた柿の木を、さるに取られてしまったかにを助けたはち、くり、うす。障がい者が地域で生きていくための助っ人集団のような存在になりたいということで、「はちくりうす」という名前になりました。

 

お問い合せはこちらから TEL 03-3793-3012 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

Copyright © NPO法人 はちくりうす All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.